happy抹茶ラテの妖精

厳しく言った甲斐

彼女と出会ったのは共通の友人の飲み会だった。その当時の彼女は可愛いものの大人しく、あまり交友関係も広くはなさそうに見えた。ただ、可愛いしってことで連絡先を聞いて仲良くなって、付き合うことになった。 しかし、大人しい彼女は生活も大人しく、やりたいことはあるものの自分に自信がないとかでやらない。ダイエットもしなければとはいうが、やらないという人だった。それだけに、彼氏の俺からの当たりもきつくなり、ほぼこちらから強制的に別れてしまった。 その後風の噂で彼女はやりたいことの仕事につき、ダイエットも順調にしているとか聞いた。SNSではつながっていたので、見てはいたし、彼女の成長を喜ぶ反面、もったいないことをしたのかなとも思っていた。 そんな時、珍しく彼女からメールが来た。「今度、友達と飲み会をするからおいでよ。」成長した彼女に会いたいのと、まあ、他にも人が来ると言うことで行ってみた。だいたい20人くらいの飲み会で、こんな派手な人たちと交友が彼女にあるのか?と思うほどだった。 そして、彼女に「ついたよーどこ?」のメール。他に知ってる人はいなかったので。すると彼女登場。だいぶ派手になったな。しかも、会場に入るとハイタッチやらハグやら。酔っぱらうと知らない男とベタベタしてみたり、あっちの男と、こっちの男と。もう俺の知る彼女ではなかった。 飲み会も終わる30分前くらいにそっと出てきた。あの時の大人しい彼女から、自信に満ちあふれているのは喜ばしいけど、社会人デビューしたのかなと思った。でも、それで彼女の人生が充実していれば、あの時、厳しく言った甲斐はあったのかな。。。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
Copyright(c) 2014 happy抹茶ラテの妖精 All Rights Reserved.